目的別新着情報

お困り事解決

No.000004 / 2008年10月28日 13:46

部品取替え頻度激減のお手伝い

フッ素樹脂加工品の摩耗対策にPEEK材のご提案で部品取替え頻度激減のお手伝い

・「耐熱性」「耐薬品性」「食品衛生性」の要求品質に対し、
単純にフッ素樹脂を選定していませんか?
・フッ素樹脂部品の摩耗で部品寿命の短さにお困りではないですか?

・PEEK材への代替で、「摩耗激減」⇒「取替え頻度激減」
⇒「業務効率化・ラインストップ低減」のお手伝いができました。




・神奈川県のガラスビン製造メーカー様では、口元押さえ部品に「耐熱性」「耐薬品性」「食品衛生性」が要求される為、フッ素樹脂部品を使用していた。 
・ところが、摩耗が激しく2週間程度で取替え必要なものもあり、部品取替え頻度の多さと ラインストップの多さが工程上の大問題となっていた。 

・今回の用途では、フッ素樹脂の他の特徴である低摩擦性(滑り性)、非粘着性、などは求められていない為、PEEK材への切替えを提案したい。 
 ・PEEK材は耐熱性、耐薬品性、食品衛生性はフッ素樹脂代替可能である一方、耐摩耗性が格段に良いので、取替え頻度低減のお手伝いができる。

・試作品でテストした所、ほとんど摩耗が認められず短期の取替えの必要がなくなった。 
・社内で大きな問題になっていたので、サンプル請求、物性等の資料請求を何度も大至急で御願いしたが、早い対応で助かった。 
 ・採用の結果、摩耗がほとんどなく取替えの必要性もなくなり今回の摩耗問題は解決した。 
・フッ素より製品単価は高かったが、明らかなトータルコストダウンになった。 

お問い合わせはこちらより

メールフォームでのお問い合わせ 本社代表電話番号 03-3845-6141