目的別新着情報

新着情報

ワード
カテゴリ
投稿日

お問い合わせはこちらより 電話番号03-3845-6141

<NBK>ハンドル追加工サービス追加のご案内

2012年3月19日 10:00




NBK 鍋屋バイテック会社よりこの度、ハンドル追加工サービスに新たにめねじ貫通(ATC)が追加となりました。

【ハンドル追加工】
ATCめねじ(貫通)※新規追加
以下従来追加工
AHC:軸穴+押しねじ2ヶ所
AKC:軸穴+新JISキー溝+押しねじ1ヶ所
ASC:角穴+押しねじ1ヶ所
AMC:押しねじ1ヶ所

★追加工サービスの特長★
・便利!そのまますぐに使えます。
・早い!実働1日目出荷。
・簡単!軸穴径と加工記号を指定するだけ。

ますます便利になった追加工サービスを是非ご利用願います!!






<東京ベルト>高圧ホース・アセンブリ致します!

2011年2月14日 14:30




油圧ホースに下記の様な異常はございませんか?

油漏れ/変形/外傷/亀裂/硬化/異音/異臭/発錆 など・・・

重大な事故が起きる前に至急お取替えをおすすめ致します。
特に2年以上経過したものは老化・劣化の可能性があります。是非この機会にホースの状態をご確認ください。

東京ベルトでは(株)十川ゴムの協力工場として自社にてホース・金具を在庫しアセンブリを致しております。お急ぎの場合もまずはご相談ください。

【ご確認事項】
・圧力
・長さ(アダプタを含まない長さ)
・ホース金具タイプ
・アダプタ
・外装の指定
(主な外装:口元スプリング/ガードワイヤー/外装ワイヤーブレード)

※詳細はこちらをご確認ください。

<十川ゴム>高圧ホースN-Kタイプ→NSLタイプ標準化のご案内

2010年7月20日 15:30

現状の「N-Kタイプ」高圧ホースは「Kタイプ」に追従した簡易ASSY用として長らくご愛顧を賜ってまいりました。
しかし、この度品種統合として現行の「N-Kタイプ」が廃止となり「NSLタイプ」へ統合されることになりました。

「NSLタイプ」「N-Kタイプ」に比べスリムでコンパクトは配管が可能です。
また、カバーゴム材質を変更することにより「耐摩耗性」「滑り性」が向上しております。

※東京ベルト厚木支店内の「高圧ホース金具アセンブリ工場」におきましても今後「N-Kタイプ」在庫なくなり次第順次「NSLタイプ」へ切替えとなります。

上記詳細は東京ベルト各店にお問合せください。

「NSLタイプ」詳細はこちらをご覧ください。
また、「NK→NSLタイプ」比較はこちらをご覧ください。


<岡本ローラ製作所>UPEロール

2010年6月29日 09:30

UPEロール(UHMW-PE)成型加工をご紹介致します。

UPE(UHMW-PE)は優れた自己潤滑性を特徴とした材質で、滑り性を要求されるロールに適しています。また、強酸液・アルカリ液にも優れた耐性があるため、シンクロール用途でも問題なくご使用できます。

また一体成型のため、ロール成型可能サイズに幅が持てます。

【UPEロールの特徴】
・低摩擦性・・・摩擦係数がフッ素樹脂と同等
・耐摩耗性・・・フッ素樹脂の約6倍
・耐薬品性・・・強酸・アルカリに耐性がある
・低温特性・・・-200℃付近でも高い衝撃強度維持可能

【UPEロール製造可能サイズ】
・最大外径:φ800mm
・最大軸長:4000mm
・最大重量:2000kg

【用途実績】
・テーブルロール
・シンクロール
・水中ロール
・ガイドロール など

【ご使用の注意点】
・100℃以上の高温条件下ではご使用できません。
・高荷重条件でのご使用に関しましてはご相談ください。

こちらのチラシもご覧ください。


『粘着剤非付着タイプコーティング』のご紹介

2009年12月16日 13:01




粘着剤非付着タイプ


通常のフッ素樹脂コーティング

耐薬品性やすべり性、耐熱性、離型性等に優れたフッ素樹脂コーティングは大変便利で用途幅も広いものですが、テープ等の粘着剤では一般的なものは着いてしまいます。
そこで、今回ご紹介します『粘着剤非付着タイプ』コーティングでは粘着テープ等もほとんど着きません。

詳細はこちらのご採用事例をご覧ください。

<東京ベルト>「改良型フッ素樹脂コーティング」の耐摩耗性について

2009年12月8日 09:01


PTFEコーティング(摺動回数200回)


改良型フッ素樹脂コーティング(同)


通常の「フッ素樹脂コーティング(PTFEコーティング)」と「改良型フッ素樹脂コーティング」耐摩耗性比較試験を実施しました。

試験方法はJIS規格塗料一般試験方法に準じて実施。各サンプル板を摺動式摩耗試験機にてそれぞれのコーティングの摩耗度合の外観を検査しました。(摺50回、100回、200回の3パターンで実施)

結果、「PTFEコーティング」では摺動回数50回でコーティングの効果に問題が出始め、100回では離型性などフッ素樹脂の特性はほとんど発揮されなくなったが、改良型」では50回で摺動痕はできたものの、その後100回、200回でもほどんど進まずフッ素樹脂の特性は維持されたままでした。

この結果から「改良型フッ素樹脂コーティング」では通常のフッ素樹脂コーティング(PTFEコーティング)の約4倍以上の耐摩耗性を有するという結果が出ました。

詳細はこちらをご覧ください。

現在フッ素樹脂コーティングの耐摩耗性でお困りではございませんか?東京ベルトではフッ素樹脂コーティングの様々なお困りごとに対するご提案をしております。お気軽にお問合せください。



スポンジ加工にお困りではありませんか?

2009年4月30日 09:01

キレイ! 正確! 納期対応ムリが利く!

従来のスポンジ加工に満足されていますか?
このたび東京ベルトでは、協力工場との連携によりキレイで正確なスポンジ加工が実現しました!
短納期品に関しましてもまずはご相談下さい!

詳しくはチラシをご覧下さい